Loading...
大王の夢

ストーリー

7世紀初頭、新羅、百済、高句麗の三国が覇権争いのため領土の奪い合いを繰り返していた時代。新羅の第26代・真平(チンピョン)王は、百済、高句麗を討伐しようと目論んでいた。一方、加耶出身のキム・ユシンは、花郎(ファラン)になるため新羅の都ソラボルへ行き、廃位された第25代・真智(チンジ)王の孫キム・チュンチュ(後の武烈王)の家で過ごすことに。ある日、ユシンは刺客に襲われたチュンチュを命懸けで助け、2人は兄弟のように友情を深めていく。成長し、衰退した新羅の中興と“三韓統一”という夢に向かって突き進む2人。彼らは善徳女王を献身的に支えるが、新羅の権力を掌握しようと企む第26代・真平王の後妃スンマン王妃と激しく対立し…。